レースレポートの最近のブログ記事

アンジュデジール17年8月.JPG

レースレポート

3度目の正直

4月11日(水)船橋11Rのマリーンカップ[統一GⅢ](ダート1600m)で、 アンジュデジール号(牝4)が2月のエンプレス杯に続く、 交流重賞2連勝を飾りました。     横一線にそろった好スタートの中、少し気合を付けながら ハナを主張し先頭へ。   道中はニシノラピートと馬体を併せて、...
記事本文へ >>

2018.04.12/14:30 M田

ミスパンテール17年6月-2.JPG

レースレポート

重賞競走3連勝を達成

4月7日(土)阪神11Rの阪神牝馬S[GⅡ](芝1600m)で、 ミスパンテール号(牝4)が重賞競走3連勝を達成しました。     抜群のスタートを切ると、いつものレースのように中断の ポジションを取りに行く事無く、勢いそのままに先頭へ。   坦々としたスローペースの中、絶好の手応えのまま...
記事本文へ >>

2018.04.10/ 9:08 M田

アンジュデジール17年7月.JPG

レースレポート

得意のコースで重賞2勝目

2月28日(水)川崎11Rのエンプレス杯[統一GⅡ](ダ2100m)で、 アンジュデジール号(牝4)が昨年7月のスパーキングLC[統一GⅢ] 以来となる、重賞2勝目を挙げました。     好スタートを決めると、少し気合を付け、3番手内側の絶好の ポジションで、道中はじっくりとレースを運ぶ。 &nbs...
記事本文へ >>

2018.03.01/ 9:22 M田

ミスパンテール17年6月.JPG

レースレポート

重賞競走2連勝を達成

2月17日(土)京都11Rの京都牝馬S[GⅢ](芝1400m)で、 ミスパンテール号(牝4)が前走のターコイズSに続く、 重賞競走2連勝を飾りました。     出遅れる事無く好スタートを切ると、道中は中団やや後方の 馬群の中で、しっかりと折り合いながらレースを進める。   直線で追い出しに...
記事本文へ >>

2018.02.19/ 9:14 M田

ミスパンテール17年11月.JPG

レースレポート

勝負根性を見せての初重賞制覇

12月16日(土)中山11Rのターコイズステークス[GⅢ](芝1600m)で、 ミスパンテール号(牝3)が初重賞制覇を達成しました。     スタートを決めると先行勢を前にやり、しっかりと折り合いを付けながら 中団やや後方の10番手で、じっくりレースを進める。   4コーナー手前から各馬が...
記事本文へ >>

2017.12.18/ 8:15 M田

エポワス17年7月.JPG

レースレポート

9歳にして初重賞タイトルを獲得

8月27日(日)札幌11Rのキーンランドカップ[GⅢ](芝1200m)で、 エポワス号(騸9)が初重賞制覇を成し遂げました。     横一線のスタートの中、徐々にポジションを下げ、 道中は最後方でじっくり待機。   3コーナー過ぎから徐々にピッチを上げ、 4コーナー手前では後方5番手まで押...
記事本文へ >>

2017.08.28/ 9:54 M田

アンジュデジール16年9月.JPG

レースレポート

砂の女王の座に向けて

7月6日(木)川崎11Rのスパーキングレディーカップ[GⅢ](ダート1600m)で、 アンジュデジール号(牝3)が初重賞タイトルを獲得しました。     スタートを決めると内に潜り込み、好位の4番手をキープ。 道中はピタリと折り合いが付き、リズム良くレースを運ぶ。 3~4コーナー中間から1番人気のホ...
記事本文へ >>

2017.07.08/ 8:55 M田

シュウジ15年3月.JPG

レースレポート

阪神カップ親子制覇

12月24日(土)阪神11Rの阪神カップ[GⅡ](芝1400m)で、 シュウジ号(牡3)が昨年9月の小倉2歳S以来となる、 2つ目の重賞タイトルを獲得しました。     スタートでやや後手を踏むも、行き脚がつくと徐々にポジションを上げ、 5~6番手の内でレースを運ぶ。   ミッキーアイルと...
記事本文へ >>

2016.12.27/ 8:36 M田

ゴールドアクター16年8月.JPG

レースレポート

天皇賞敗戦からの復活劇

9月25日(日)中山11Rのオールカマー[GⅡ](芝2200m)で、 ゴールドアクター号(牡5)が天皇賞敗戦の鬱憤を晴らす快走を見せてくれました。     いつものレース通りに好スタートを決めると、無理に先行争いに加わる事無く、 徐々にポジションを下げ、道中は中団の6番手でレースを運ぶ。  ...
記事本文へ >>

2016.09.26/14:54 M田

ゴールドアクター15年8月-2.JPG

レースレポート

貫禄の重賞3勝目

3月26日(土)中山11Rの日経賞[GⅡ]で、ゴールドアクター号(牡5)が 力の違いを見せつけ、5連勝で3つ目の重賞タイトルを獲得しました。     抜群のスタートを決めると、内の先行勢を先に行かせ 道中は外目の3番手でじっくり構える。   淡々としたレース展開の中、4コーナー手前からレー...
記事本文へ >>

2016.03.28/ 9:33 M田

ホッコータルマエ15年7月-3.JPG

レースレポート

GⅠ勝利数の日本新記録を樹立

1月27日(水)に川崎競馬場で行われた川崎記念[GⅠ](ダート2100m)で、 ホッコータルマエ号(牡7)が日本新記録となるGⅠ10勝目を上げました。     スタートを決めると激しい先行争いの中、道中は4番手でリズム良く先団を追走。 2週目の向こう正面で、人気を分け合っていたサウンドトゥルーが内か...
記事本文へ >>

2016.01.28/10:27 M田

ゴールドアクター15年7月-2.JPG

レースレポート

グランプリホースの誕生

12月27日(日)中山10Rの有馬記念[GⅠ]で、ゴールドアクター号(牡4)が グランプリホースのタイトルを獲得しました。     抜群のスタートをきり一旦先頭に立つも、キタサンブラックにハナを譲る。 淡々とした流れの中、リズムよく好位の内3番手で逃げ馬を追走。 3コーナー過ぎから徐々にレースが動き...
記事本文へ >>

2015.12.28/14:36 M田

ゴールドアクター15年8月.JPG

レースレポート

父子重賞制覇を達成

11月8日(日)東京11Rのアルゼンチン共和国杯[GⅡ]で、 ゴールドアクター号(牡4)が父子重賞制覇を達成しました。     絶好のスタートをきると、道中は好位4番手でレースを運ぶ。 重馬場を気にする事なく、楽な手応えで最終コーナーへ。 直線、一足先に抜け出していたメイショウカドマツ号との差がなか...
記事本文へ >>

2015.11.09/ 9:09 M田

シュウジ15年4月.JPG

レースレポート

2歳チャンピオンに向けて

9月6日(日)小倉11Rの小倉2歳S[GⅢ](芝1200m)で、 シュウジ号(牡2)が初重賞タイトルを獲得しました。     これまでのレースとは違いスタートで出遅れてしまいましたが、 持ち前のスピードで遅れを取り戻し、すぐに好位の5番手へ。   3コーナー過ぎから徐々にしかけ、抜群の手ご...
記事本文へ >>

2015.09.07/13:07 M田

ペルーサ15年7月.JPG

レースレポート

5年3ヶ月振りの勝利

8月8日(土)に札幌競馬場で行われた札幌日経オープン(芝2600m)で、 ペルーサ号(牡8)が2010年5月の青葉賞[GⅡ]以来となる、 実に5年3ヶ月振りの勝利を収めました。     鞍上のルメール騎手とは今回が初めてのコンビ。 スタートで行き脚が付くと、いつもの後方からの競馬ではなく 好位2番手...
記事本文へ >>

2015.08.10/ 8:31 M田

ホッコータルマエ14年8月-2.JPG

レースレポート

日本タイ記録達成

6月24日(水)に大井競馬場で行われた帝王賞[GⅠ](ダート2000m)で、 ホッコータルマエ号(牡6)がヴァーミリアンとエスポワールシチーの持つ 日本記録に並ぶ、GⅠ9勝目を上げました。     好スタートを切ると激しい先行争いの中、道中は5番手でスムーズにレースを運ぶ。 3コーナー手前から早めに...
記事本文へ >>

2015.06.26/ 8:44 M田

インディウム14年5月.JPG

レースレポート

再戦に向けての圧勝劇

6月4日(木)に園田競馬場で行われた兵庫ダービー(ダート1870m)で、 インディウム号(牡3)が前走のうっぷんを晴らす快走を見せてくれました。     スタートでやや出遅れ、いつもの先行する形はとれませんでしたが、 向こう正面から一気に進出すると、4コーナー手前で先頭に立ちさらに加速。 2着に7馬...
記事本文へ >>

2015.06.05/ 8:44 M田

ホッコータルマエ14年8月.JPG

レースレポート

日本記録まであとひとつ

1月28日(水)に川崎競馬場で行われた川崎記念[GⅠ](ダート2100m)で、 ホッコータルマエ号(牡6)が日本記録まであとひとつに迫る 8つ目のGIタイトルを獲得しました。     スタートを決めると先行勢を前にやり、いつもよりやや後ろ目の5番手でレースを運ぶ。 道中外から被せられ一瞬行きたがるそ...
記事本文へ >>

2015.01.29/ 8:59 M田

ホッコータルマエ14年7月.JPG

レースレポート

7つ目のGⅠタイトルを獲得

12月29日(月)に大井競馬場で行われた東京大賞典[GⅠ](ダート2000m)で、 ホッコータルマエ号(牡5)が昨年に続く連覇で7つ目のGⅠタイトルを獲得しました。     抜群のスタートを決めると、逃げたいコパノリッキーにハナを譲り2番手で追走。 終始楽な手応えのま、直線で逃げ馬を捕えると、そこか...
記事本文へ >>

2014.12.30/ 9:23 M田

ホッコータルマエ14年9月.JPG

レースレポート

念願の中央GⅠタイトル奪取

12月7日(日)中京11RチャンピオンズC[GⅠ](ダート1800m)で、 ホッコータルマエ号(牡5)が念願の初中央GⅠタイトルを獲得しました。     逃げたクリノスターオーの2番手に付け、道中は折り合い良くスムーズなレース運び。 直線で詰め寄って来たナムラビクター、ローマンレジェンドとの3頭の追...
記事本文へ >>

2014.12.10/14:45 M田

1 2 3 4 5 6 7 8