貫禄の重賞3勝目

3月26日(土)中山11Rの日経賞[GⅡ]で、ゴールドアクター号(牡5)が

力の違いを見せつけ、5連勝で3つ目の重賞タイトルを獲得しました。

 

ゴールドアクター15年8月-2.JPG

 

抜群のスタートを決めると、内の先行勢を先に行かせ

道中は外目の3番手でじっくり構える。

 

淡々としたレース展開の中、4コーナー手前からレースが動き出し、

1番人気の支持を受けていたサウンズオブアースが一旦先頭へ。

 

連れて追い出しにかかったゴールドアクターも末脚を伸ばし、

最後の坂を登り切った所で捕えると、そこからさらに加速。

 

最後は余力十分に、後続を突き放しての完勝でした。

 

着差こそ3/4馬身でしたが、2㎏の斤量差と最後の脚色の差を考えると、

着差以上に力の違いを見せつけた、中身の濃いレース内容でした。

2016.03.28/ 9:33 M田