グランプリホースの誕生

12月27日(日)中山10Rの有馬記念[GⅠ]で、ゴールドアクター号(牡4)が

グランプリホースのタイトルを獲得しました。

 

ゴールドアクター15年7月-2.JPG

 

抜群のスタートをきり一旦先頭に立つも、キタサンブラックにハナを譲る。

淡々とした流れの中、リズムよく好位の内3番手で逃げ馬を追走。

3コーナー過ぎから徐々にレースが動き出し、

4コーナー手前から各馬一斉に追い出し態勢へ。

最後の急坂を登り切ると、ゴールドアクターも鞍乗のアクションに応え、

先に抜け出し粘りこみをはかっていた2頭をとらえる。

その後も脚色が鈍る事無く、追い上げてきたサウンズオブアースを

クビ差凌いでの勝利でした。

 

レース後の陣営のコメントによると、次は春の天皇賞を目標に調整されるようです。

脇役から主役の座へと一気に昇りつめた2015年。

来年は目標とされる立場の中、ターフでどんな演技を披露してくれるのか

楽しみでなりません。

 

2015.12.28/14:36 M田