8歳にしてまだまだ進化中

5月17日(土)東京11R京王杯SC[GⅡ](芝1400m)で、

レッドスパーダ号(牡8)が昨年8月の関屋記念[GⅢ]以来となる

3つ目の重賞タイトルを獲得しました。(JRA通算7勝目)

 

レッドスパーダ12年10月-1.JPG

 

スタート決めると、道中は逃げた高松宮記念[GⅠ]の勝ち馬

コパノリチャードの2番手でスムーズにレースを運び、

直線で追い出すと、楽な手ごたえで先頭を交わし、

そのまま後続に1馬身と1/4の差を付けての完勝でした。 

 

走破タイムもレコードに0.1秒差という速い決着で、

8歳にしてまだまだ進化中という印象を受けるレース内容でした。

 

次走は7度目のGⅠ挑戦となる安田記念が予定されています。

この勢いのまま是非ともGⅠタイトル奪取を成し遂げてもらいたいですね。

2014.05.20/ 8:22 M田